メッシ、ネイマールより確実性は上? “お尻”を使えるアザール流ドリブルの魅力

好調時のアザールは今でも大きな違いを生み出せる photo/Getty Images

ボールを失う機会が少ない

現世界最高のドリブラーは誰か。ネイマールやリオネル・メッシなど候補者は数名いるが、確実性ならばベルギー代表FWエデン・アザールが1番ではないだろうか。

アザールはレアル・マドリードへ移籍してからネガティブな話題ばかりだが、本来持っている才能は特別だ。コンディションさえ整っていれば、今でもアザールのドリブルはあらゆる守備網を切り崩せる。

特長的なのは、失敗が少ないことだ。例えばメッシは今季もリーガ・エスパニョーラにて1試合平均4.5回ものドリブルを成功させているが、失敗数も1試合平均2.5回ある。

ブラジルのドリブルキングであるネイマールも、今季リーグ・アンにて1試合平均失敗数が3.8回もある。成功数も4.8回と多いが、ボールロストも目立つ印象だ。

対してアザールはチェルシー時代からドリブルの失敗が少ない。チェルシーでプレイしていた2018-19シーズンには1試合平均3.8回のドリブルを成功させているが、失敗も1.8回と少ない。

2017-18シーズンも成功数4.9回に対し、1試合平均失敗数は僅か1回のみ。ボールを失いにくいのがアザールの特長だ(数字は『WhoScored.com』より)。

『The Athretic』にて、元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥレはアザールのお尻の使い方に秘密があると語っている。

「ベルギーについて話すなら、アザールについて語らないとね。彼の大きなお尻はほとんどジョークだが、あれが彼のプレイにおいて非常に重要なんだ。アザールは危険な相手だから、ボールが彼に渡った際に相手が寄せてくるまで5秒とかからない。相手は彼の自由を制限したい。アザールはボールがきた時点で相手が寄せてくると分かっていて、最後の瞬間まで待ってからお尻でそれをブロックするのさ。まるでパンチのように相手を押し退け、DFと距離が開いたところから攻撃を開始する」

「フランスのグリーズマンや、スアレスやアグエロもお尻を使うが、アザールほどは上手くない。お尻を使った後のボールコントロール、ボールを守る術、その後のどこへでもターンできるところなど、信じられないよ。アザールは両足、お尻を使って向きを変えられる」

アザールはドリブルの際もボールがほとんど足から離れない。その技術はメッシ、ネイマールをも上回ると言っていい。ボールを巧みに守り、危険な場面でもお尻を使ってファウルを獲得することもできる。

レアル移籍後は批判される機会も増えているが、その技術は今も衰えていないはず。現在はEURO2020に参戦しているが、決勝トーナメントでも唯一無二のドリブルを見せてほしいところ。コンディションさえ整っていれば、今でも特別な違いを生み出せるはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ