チームトップの“クリア&タックル数” マグワイアの代役CBが見せた奮闘

クロアチア代表戦で印象的なパフォーマンスを披露したミングス photo/Getty Images

試合前は不安視する声もあったが

ついにイングランド代表のEURO2020での戦いが幕を開けた。日本時間13日深夜、同大会の初戦でクロアチア代表と対戦したスリーライオンズは1-0で勝利。白星で大会をスタートさせることに成功している。

そんなクロアチア戦で印象的なパフォーマンスを披露した選手といえば、MFカルヴァン・フィリップスだろう。この試合で先発を果たした同選手は、前半からイングランド代表のチャンスメイカーとして大いに機能していた。

しかし、最終ラインでスタメンを掴んだ男の奮闘も、フィリップスに負けず劣らず目を見張るものがあったと言っていい。その男とは、負傷離脱中のハリー・マグワイアの代役としてセンターバックに入ったタイロン・ミングスだ。

当初はマグワイアの代役として、彼のパフォーマンスを不安視する人も少なくはなかった。しかし、この男はそんな周囲の雑音をよそに、クロアチア攻撃陣をシャットアウトすることに成功。冷静な対応も光り、データサイト『WhoScored.com』の評価点ではフィリップスに次ぐチーム2位の「7.2」を獲得している。また、同サイトによると、ミングスはこの試合でチームトップのクリア数(3回)とインターセプト数(4回)を記録。彼が守備の中心的存在として機能したことは、こうした数字からも見て取ることができるだろう。

この活躍には、英『Daily Mirror』も「もしマグワイアが戻って来れなくても問題ないと思わせるほどのパフォーマンス」との評価を下している。試合前には幾ばくかの不安もあったが、イングランドの防波堤として大いに機能したミングス。日本時間18日の深夜に行われるスコットランド代表戦でも、この守備者の奮闘には大いに期待したいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ