“31試合7ゴール”のデンマーク人CB 浦和レッズに加入が噂のショルツとは何者か!?

ショルツの浦和移籍はあるのか photo/Getty Images

現在28歳のデンマーク人DF

今季明治安田生命J1リーグで、すでに浦和レッズトップの4ゴールを決めているのが、デンマーク人FWのキャスパー・ユンカーだ。彼は昨季、ノルウェーリーグの得点王とMVPを獲得し、UEFAヨーロッパリーグではミランにも得点を奪った。日本でもその得点能力の高さを見せつけ、リーグ戦では出場した3試合全てでゴールネットを揺らしている。

そんな浦和レッズにもう1人デンマーク人が加入するかもしれない。デンマークの各メディアでFCミッティランのDFアレクサンダー・ショルツが浦和へ加入することを報じている。2人目となるデンマーク人選手の獲得で、さらなるレベルアップを図る模様だ。

ショルツとはいったい何者なのだろうか。189cmという長身を活かした強烈なヘディングと1対1の強さを武器にしたDFだ。今季のデンマーク・スーペルリーガでは、CBながら31試合に出場して7ゴールをマークしている。

ただ7ゴール中5得点がPKでの得点。今季はチームのPKキッカーを任されており、5回のPK機会を全て決めている。キックの精度も高くプレッシャーにも強い選手だ。

そのPKの上手さでビッグクラブにも牙を剥いた。今季のUEFAチャンピオンズリーグに出場したFCミッティランは、第6節でリヴァプールと対戦。開始早々に失点するも、62分に得たPKを決めたのがショルツだった。試合は1-1とドローで終わり、一昨年の欧州王者相手に貴重な勝ち点1を得るゴールを決めてみせた。

今季の浦和のCBは、槙野智章と岩波拓也がJ1ではフル出場を続けている。サブには有望な若い選手が揃っているものの、トップを狙うには少し物足りない印象だ。そこにCL経験も十分にあるデンマーク人CBとなれば、大きな補強となる。もしショルツの獲得となれば、同郷の選手の加入によりユンカーもさらに得点力を発揮できるかもしれない。獲得の噂のある酒井宏樹とともに浦和のさらなるパワーアップから目が離せない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.258 王者達をプレイバック

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ