かつてインテルでも活躍した“チョロ毛”FWを覚えているか 39歳で偉業を達成

フィオレンティーナ戦でハットトリックを達成したパラシオ photo/Getty Images

セリエA最年長ハットトリック

ユヴェントスのFWクリスティアーノ・ロナウド(36歳)、サンプドリアのFWファビオ・クアリアレッラ(38歳)、ACミランのFWズラタン・イブラヒモビッチ(39歳)など、セリエAには歳を重ねても光を放つベテランストライカーたちがたくさんいる。そんな中、坊主姿に三つ編みを1本チョロっと伸ばした独特なヘアスタイルがトレードマークで、名門インテルでも活躍したアルゼンチン人ストライカーが偉業を成し遂げた。

それは、日本代表DF冨安健洋も所属するボローニャでプレイしているFWロドリゴ・パラシオだ。2012年から2017年まで所属したインテル時代にはDF長友佑都とも一緒にプレイした同選手も、今年2月に39歳の誕生日を迎えた。かつてはスピードとテクニックを活かしたドリブルを武器に、セリエAでゴールやアシストを量産。2013-14シーズンには、17ゴール7アシストと圧巻のパフォーマンスを披露していた。

パラシオのトレードマークであるヘアスタイルは健在だが、歳を重ねるにつれてプレイスタイルは徐々に変化。もちろん、ベテランになっても結果を残すための、世界最高峰のリーグで生き残っていくためのポジティブな変化だろう。近年は、ここぞという勝負どころなどではドリブルでチャレンジするものの、ゴールから離れた位置でボールを持って仕掛けるような長く力を使うプレイの回数は減った。その代わりにスピードと巧みな駆け引きによる一瞬の抜け出しで相手の背後を奪ってチャンスを作るプレイや、相手を背負いながらボールを受けて攻撃の起点となるプレイが増加。力の使い所をしっかり見極めながら、チャンスメイクしたり、仲間を助けたりするプレイが増えているように思う。

その結果、2017年夏からプレイしているボローニャでも、1年目はリーグ戦28試合出場4ゴール2アシスト、2年目は同28試合出場3ゴール6アシスト、3年目は同35試合出場7ゴール3アシストを記録。年齢的にも途中交代や途中出場の機会は増えているものの、今もなおチームの主力のひとりとなっているのだ。

そしてボローニャ加入4年目を迎えた今季も、第33節までで31試合に出場。ゴールこそ1つだったが、まだまだ存在感を放つ試合も多い。そんな中行われた今月21日のフィオレティーナ戦。ゲームキャプテンを任され、2試合連続のスタメン出場を果たすと、パラシオは相手に3度もリードを許す苦しい展開となったチームの窮地を救う。31分、71分、84分とゴールネットを揺らしてハットトリックを達成し、3-3のドローに持ち込んでみせた。データサイト『opta』によると、39歳86日でのハットトリック達成は、セリエAの最年長記録だという。

今季限りでボローニャとの契約が満了を迎えるパラシオ。契約延長や移籍、引退、夏以降どうなるかはまだわからないが、39歳になってもまだまだやれることを証明して見せた。去就を含めて、今後が気になるところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ