まるで未来予測? ガナーズにいる“スコールズ級”のビジョンを持つMF

今季アーセナル攻撃陣の中心となっているスミス・ロウ photo/Getty Images

アーセナルで覚醒した20歳MF

2020-21シーズン、後半戦からアーセナルの攻撃陣にとって欠かせない存在となったのがMFエミール・スミス・ロウ(20)だ。長年期待され続けた男がついに覚醒。ファンはさぞ興奮したことだろう。

「来季以降はブカヨ・サカと彼にチームの中心を任せるべき」。SNS上では、そんな意見もチラホラと出始めている。昨季まではなかなか殻を破れなかった20歳だが、一気にチームの中心へ。現在プレミアで10位に甘んじているアーセナルだが、それでもこの順位で踏みとどまることができているのは間違いなくスミス・ロウやサカといった選手の功績が大きい。

そんなスミス・ロウは、かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍したポール・スコールズ氏にも匹敵する才能の持ち主なのか。英『Sky Sports』で解説員を務めるグレアム・スーネス氏は、この20歳のプレイにスコールズ氏の姿を見たと次のように語る。

「スミス・ロウのプレイは大好きだよ。彼は素晴らしいテクニックを備えているし、見えているビジョンも他の選手とは違う。それでいて、ビジョンを描くのも早いんだ。決して単純に比較はできないだろうけど、ポール・スコールズに似た特長を持っていると思うよ。自分の近くにボールがあったとき、彼は常に次の景色を思い浮かべながらプレイしていた。スミス・ロウも同じなんじゃないかな。まるでシルクのように次のプレイへの動作は滑らかだからね。彼には本当に大きな未来が待っていると思うよ」(英『BT Sport』より)

まったく同じタイプの選手というわけではないものの、スミス・ロウとスコールズ氏に共通点を見出しているスーネス氏。たしかに、常に相手の動きの先をいくスミス・ロウのプレイは、往年のレジェンドに近しいものがあると言っていいか。相手をどのように誘い出せば、自分の走り込むスペースが前線に生まれるか。そんなことを常に考えながらプレイしている様子は、試合中の動きからも見て取ることができる。

抜群のテクニックだけでなく、ピッチ上で次に発生する事象を予測する能力にも長けたスミス・ロウ。やはり特別な選手にしか持ち得ない能力を備えた彼もまた、レジェンド級の逸材なのだろうか。アーセナルで急成長する20歳が、そのキャリアを通してどこまで圧倒的な存在となるかは今から楽しみだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.261 PSGは最強になれるのか

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ