“30歳”でもう1度ブレイクを マンU、アーセナルで活躍したストライカーの今

ブライトンのウェルベック photo/Getty Images

16位と苦戦するクラブを残留へ導くミッション

マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルで活躍し、2014ブラジルワールドカップと2018ロシアワールドカップにも出場したイングランド人FWダニー・ウェルベックは今どこにいるのかご存知だろうか。

ウェルベックは昨夏にアーセナルを離れて同じプレミアリーグのワトフォードへ移籍したのだが、ワトフォードとの契約も今夏に解除した。そして今年10月18日、ウェルベックは新天地として同じくプレミアリーグのブライトンと1年契約を結んだ。

怪我にも悩まされる苦しいキャリアとはなっているが、ウェルベックはまだ30歳だ。コンディションさえ整っていればプレミアリーグでも戦えるだろう。

新天地のブライトンでは21日のアストン・ヴィラ戦で移籍後初得点を記録。チームを2-1の勝利へ導いてみせた。英『90min』もウェルベックがブライトンに必要なピースだったと今後のさらなる活躍に期待をかけており、すでに今季4得点を挙げている24歳のFWニール・モペイとのコンビでブライトンを残留へ導くことが主なミッションとなる。

ブライトンの方は開幕9試合で15失点と守備が乱れて16位に沈んでいるが、得点数の方は13点と悪くない。これは同じ9試合を消化しているクラブでは12位アーセナル(9得点)、9位ウォルバーハンプトン(9得点)よりも多い。今夏にはリヴァプールからMFアダム・ララーナも加えており、攻撃陣は注目する価値がある。

同メディアはアストン・ヴィラ戦でウェルベックが決めたゴールも冷静なフィニッシュだったと称えており、相棒のモペイにはない能力と見ている。ウェルベックこそブライトンが求めていたゴールゲッターとなる可能性があり、30歳でもう1度ブレイクしてほしいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ