プレミアのクラブは精度に怯える “2人のレフティー”が蹴るセットプレイの恐怖 

エヴァートンのハメス photo/Getty Images

すでにセットプレイから得点を演出

今夏プレミアリーグには、ワールドクラスのキック精度を誇るレフティーが2人もやってきた。

エヴァートンに加わったMFハメス・ロドリゲス、負傷で出遅れたが、チェルシーにやってきたMFハキム・ツィエクだ。

彼らの加入で期待されるのはセットプレイのクオリティアップだ。すでにハメスはコーナーキックからドミニク・カルバート・ルーウィン、マイケル・キーンのゴールをアシストしており、さすがにコーナーから繰り出されるボールは精度が高い。

チェルシーのツィエク photo/Getty Images

ツィエクの方も7日に行われたシェフィールド・ユナイテッド戦でフリーキックからDFチアゴ・シウバのヘディングゴールをアシスト。こちらもハメスに負けず劣らずのキック精度となっており、ボールスピードもコースも抜群だった。

ここまでエヴァートンはセットプレイから7得点を記録。これはリーグで2番目に多い数字だ。チェルシーの方はそれをも上回るリーグトップの9得点を挙げており、2人が好調を維持できればこの数字はもっと増えていくことになるかもしれない。

2人の加入でコーナー、フリーキックが両チームにとって大きな武器になっていくのは間違いなく、対戦相手はファウルを与えるたびに恐怖に怯えることになるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ