ミランの主役だった男の姿はどこへ ドイツでも苦しむ“エル・ピストレロ”

移籍先のヘルタでも苦しい時間が続くピョンテク photo/Getty Images

ポーランド代表FWの復活はあるか

2018-19シーズンにセリエAを席巻したポーランド代表のストライカー。そう聞けば、誰もが同シーズンにジェノアとACミランでプレイしたFWクシシュトフ・ピョンテクのことを思い出すことができるだろう。冬の移籍市場でミランに加入し、一時ロッソネリの希望となった“エル・ピストレロ”。当時は誰もが、この男こそミランの将来を背負って立つのだと信じて疑わなかった。

しかし、結果的にピョンテクの爆発はたったの1シーズン。2018-19シーズンにセリエAで22ゴールをマークした同選手だが、翌2019-20シーズンは開幕から不調に苦しみリーグ戦18試合でわずか4ゴールという結果に終わってしまった。エースとしての活躍を期待されていたはずが、蓋を開けてみれば大不振。結局、シーズン途中にブンデスリーガのヘルタ・ベルリンへと売却され、ピョンテクのミランにおける挑戦はたったの1年で幕を閉じることとなってしまった。

失意の中でドイツへ向かい、再起を図ることとなったピョンテク。そして、未だにこのポーランド代表FWはトップフォームを再発見することができていない。加入以降、同選手はヘルタで公式戦23試合に出場しているのだが、そのなかで奪ったゴールはわずかに「6」。それどころか定位置の獲得にも至っておらず、今季出場した7試合のうち先発したのはたったの2試合となっている。

「我々はピョンテクをチームに適応させる必要がある。だけど、彼もチームのために何か結果を残さなければならないよ」

これは先日ヘルタのブルーノ・ラッバディア監督が残した言葉だ。同監督もピョンテクのためにいろいろと手を尽くしているようだが、最終的に復活できるかどうかは本人次第。もう一度ガンマンをイメージしたゴールパフォーマンスを連発してほしいと願っている人も多いはずだが、はたして今後このストライカーが輝きを取り戻すことはあるか。

現地時間7日に行われたアウクスブルク戦では、45分間の出場で1ゴール1アシストの活躍も披露したピョンテク。復調の兆しが少し見え始めただけに、ここからはかつてのようにゴール量産といきたいところだが。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ