27歳“怪物FW”の進化は止まらない インテルと共にルカクは成長し続ける

インテルのルカク photo/Getty Images

「コンテは最高の監督」

昨夏イタリアにやって来た怪物ストライカーは、カルチョの国でプレイしている現状に大きな満足感を得ているようだ。ネッラズーリに加入してから約1年、インテルに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクがミラノで過ごす時間について語っている。

前所属のマンチェスター・ユナイテッドではなかなか思うような時間を過ごすことができていなかったルカク。プレミアで若いうちから期待をかけられていた逸材だったが、同選手はマンUで少し伸び悩んでいたと言っていいか。しかし、そんなタイミングで舞い込んだインテルからのオファー。この誘いが彼のサッカー人生を大きく変えた。

インテル移籍初年度となった昨季の同選手は、前線の絶対的な柱として公式戦51試合に出場。その中で34ゴールをも挙げる活躍を披露し、今やネッラズーリにとって欠かせぬ存在に。イタリアの地でこの怪物ストライカーは、ようやく自分の居場所を見つけ出すことに成功している。

そんなルカクが自信をインテルに誘ったアントニオ・コンテ監督や、自分を暖かく迎えてくれたインテルファンへの感謝を述べている。同選手はこれまでプレイしてきた国の中でも、イタリアこそが自分にとって最高の場所だと感じているのだという。英『Daily Mirror』が伝えた。

「僕にとって、コンテは父親のようなものだ。僕を最もよく理解している人と言っても過言じゃない。彼がいつもサポートしてくれることにはとても感謝しているよ。コンテと初めて話したのは、6年前に獲得オファーが届いた時だった。僕にとって、彼の下でプレイするのは本当に夢だった。それが今は実現している。彼のおかげで僕は大きく成長できたと感じている。でも、これはまだ始まりに過ぎない。僕らはもっと改善する必要がある。コンテはそれを実行するにあたって、最高の監督だよ」

「イタリアという国が大好きだ。今までプレイした中で一番気に入っているね。イタリアの人々は両手を振って、僕の加入を歓迎してくれた。競技面から言っても、イタリアのサッカーは本当に戦術的なんだ。自分とDFが同プレイするか、相手の位置によって自分がどうポジションを取るか、特定の状況下で自分はどう動くか。彼らは詳細に研究するんだ。僕もトレーニング後はコーチングスタッフと15〜20分くらい居残りして、それについて話しているよ。これのおかげで、今の僕はどんな状況にも対応できるようになっているんだ」

その巨体頼みのプレイだけでなく、インテルに加入してからは戦術的な動きも身につけてストライカーとしてさらに成長を遂げたというルカク。はたしてこの怪物FWは昨季に引き続き、2020-21シーズンもイタリアでゴールを量産することができるのだろうか。27歳は今なお進化を続けている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ