フェルナンジーニョの後継者は簡単に見つからない 24歳MFの守備に厳しい指摘

マンCのロドリ photo/Getty Images

「弱点が露呈した」

プレミアリーグ“2強”の一角が、リーグ開幕からわずか3試合目で、衝撃的な敗戦を喫してしまった。現地時間27日に行われた第3節レスター・シティ戦を、マンチェスター・シティが2-5で落としている。

精神的にも大きなダメージを負った敗戦だったことは間違いない。長いシーズンを戦っていれば何度か敗戦はあるものの、あのマンCが5失点で敗戦を喫したという事実に驚いた人は多いだろう。レスターFWジェイミー・バーディにはハットトリックの活躍を許し、“ビッグ6キラー”の本領を発揮させることとなってしまった。

一体なぜ、マンCはホームでここまでの大敗を喫することとなってしまったのか。クラブOBのマイカ・リチャーズ氏がその原因として指摘するのはスペイン代表MFロドリだ。同氏は彼の守備範囲の狭さが試合を難しくしたと、英『Sky Sports』へ24歳のパフォーマンスに関して厳しい意見を述べている。

「正直がっかりしているよ。シティはポゼッションベースのチームになったから、誰もがロドリについてはパスの成功率についてしか話していない。彼の守備範囲には問題がある。フェルナンジーニョがピッチを離れた瞬間に、その問題点は浮き彫りとなった。ロドリはフェルナンジーニョのような危機察知能力を備えていない。その弱点が露呈したね。マンCの守備陣は混乱していた。5失点は実に恥ずべきことだ。今回の彼らはあまりにも弱すぎたよ」

たしかに、この試合で中盤のフィルター役としては機能していない場面がいくつか散見されたロドリ。特に51分にフェルナンジーニョが退いてからは、レスター攻撃陣への対応にかなり手を焼いた。昨季フェルナンジーニョの後継アンカー候補としてマンCに加入したロドリだが、やはり守備能力に関して不安が残る部分が多いか。パス能力の優秀さばかりに注目が集まる24歳だが、今後はディフェンス面での成長に期待したいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ