皆が願うチェルシー“鉄人”の復活 プレミア優勝のためにはこの男が必要だ

チェルシーのカンテ photo/Getty Images

昨季は怪我に悩まされることに

昨季は少し苦しいシーズンを送ることとなってしまったが、チェルシー“中盤の掃除役”は今季再び大車輪の活躍を披露することができるのだろうか。フランク・ランパード監督の下でプレミアリーグの覇権奪回を目指すブルーズでフランス代表MFエンゴロ・カンテの復活に期待がかかっている。

2019-20シーズンは怪我の影響もあり、公式戦28試合の出場にとどまったカンテ。これは205-16シーズンにレスター・シティでブレイクを果たして以来、最少の数字だ。多少の怪我では欠場しない“鉄人”のイメージもあった同選手だが、2018-19シーズンの公式戦53試合出場からは大きくプレイタイムが減少していた。

そんなカンテの復活を願うのが、かつてレスターで共にプレイした元オーストラリア代表GKマーク・シュウォーツァー氏だ。英『THE Sun』によると、同氏は昨季怪我でなかなか試合に出場できていなかったカンテをかなり心配している様子。しかし、本来の実力さえ発揮することができれば、彼はまたチェルシーにとって大きな存在になると次のように語っている。

「私はカンテの大ファンなんだ。本当に驚異的なプレイヤーだと思うよ。レスター でスターダムを駆け上がった過程は本当に素晴らしく、一緒にプレイできたことは私にとって大きな喜びだった。機動力がとても高く、ピッチのあらゆるところで仕事をする選手だね。フィジカル面は実に充実していた」

「加えて、ちょっとやそっとの怪我で彼が試合を休むことはない。痛みを抱えながらもカンテは必死にプレイするんだ。でも、昨季の彼はその蓄積に悩まされた。怪我のせいで一貫性を得るのに苦労してしまったね。でも、新型コロナの影響でリーグ戦の中断があったことで、彼の怪我が回復していることを祈っているよ。怪我さえ癒えれば、彼はまたチェルシーにとって大きな戦力となるはずだ」

先日行われたUEFAネーションズリーグのスウェーデン戦では、フランス代表の一員として出色のパフォーマンスを披露したカンテ。この試合ではフル出場してチームトップとなる5回のインターセプト、13回のボールリカバリー、3回の空中戦勝利などを記録しており、復活の兆しを見せている。

昨季はなかなかピッチで躍動する姿を見ることができなかったカンテだが、万全のコンディションのコンディションを整えて新シーズンは復活なるか。守備力に不安が残るチェルシーがプレミア制覇を成し遂げるためには、この男の力が欠かせない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ