バルサ戦力外報道のビダル、移籍先候補2クラブの指揮官について語る

今夏の去就に注目が集まるビダル photo/Getty Images

ピルロがオレを呼んでくれたら……

バルセロナに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが、移籍先候補と噂される2クラブの指揮官について語っている。

現在33歳のビダルは、2018年夏にバイエルン・ミュンヘンからバルセロナへ移籍した。加入初年度となる2018-19シーズンは公式戦53試合(3ゴール7アシスト)、2019-20シーズンは43試合(8ゴール3アシスト)に出場。途中出場や途中交代も多く、出場時間に苦しむこともあったが、一度ピッチに立てば安定して結果を残し、攻守にわたってチームを支えてきた。移籍話が加熱した時期もあったが、バルセロナに欠かせない選手の1人となっていた。

しかし、新シーズンの指揮官にロナルド・クーマンが就任すると、再建を図る新体制のもとで、ビダルはルイス・スアレスらとともに戦力外であることが報じられたのだ。こういった状況もあってか、以前から噂されていたイタリアへの復帰話が再加熱。ユヴェントス時代の恩師であり、今冬の移籍市場でもラブコールを送っていたとされるインテルのアントニオ・コンテ監督が再会を望んでいるとの報道や、かつての盟友アンドレア・ピルロが新指揮官に就任したユヴェントスへの復帰をビダル本人が望んでいるとの報道がある。

そんな中、メキシコの著名人であるダニエル・ハビフ氏のYouTubeチャンネルに出演したビダルが、次のようなコメントを残した。

「ピルロがユヴェントスの監督になったのは素晴らしいことだ。彼は選手として信じられないほどの人だったから、監督としてもそうなるだろうね。彼はこれまでにないようなスポーツに対するビジョンを持っているので、本当にうまくやれると思うよ。ピルロは人としても素晴らしいし、偉大な監督になるイメージしか湧かない。オレたちは4年間共に過ごし、4度もスクデットを獲得した。彼がオレを呼んでくれたら、オレはとても幸せだ」

「コンテはマシンのような人だけど、最高の戦術を持っている。将来について、オレは落ち着いて見ているよ。何が起こるか見ていこうじゃないか。オレはバルセロナが大好きで、今はそこでの将来を見ているんだけどね」

2021年までバルセロナとの契約を残しているビダルだが、はたしてどのクラブで新シーズンを迎えるのか。今後の動向にも注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ