ウェールズのスター2人はどうなる 4年前に続くサプライズへ変えたい未来

レアルで居場所がないベイル photo/Getty Images

ギグスは特別扱いしないと言うが……

EURO2016でベスト4入りのビッグサプライズを起こし、大きく躍進したウェールズ代表。

現在チームを率いるのは同国のレジェンドであるライアン・ギグスで、就任から積極的に若手を招集してきた。

EURO2020でもサプライズの続きが見たいところなのだが、少しネガティブなこともある。

常に代表のキーマンだったMFアーロン・ラムジーと、FWガレス・ベイルが所属クラブで微妙な立場にあるのだ。

いくら若手を招集しているとはいえ、チームの軸となるのはラムジーやベイルといったトップレベルでの経験が豊富な選手たちだ。ウェールズがEURO2020で躍進するためには2人の活躍が欠かせない。

ラムジーはユヴェントスで目立った活躍ができず、レアル・マドリード所属のベイルはピッチ外のことばかりが話題になっている。

特に心配なのはベイルの方だが、英『The Sun』によればギグスにベイルを特別扱いする考えはない。

「誰のことも特別扱いはしない。それぞれ個人の状況を見ていくつもりだ。ベイルはプロフェッショナルで、常にコンディションを保ってきた。キャンプでは彼と話すよ。予選では全てのゲームで彼を起用できたし、今のところ問題はない。心配か?Noだ。状況は変わるかもしれないし、我々は未来を見ないといけない」

ギグスはレアルでのベイルの功績を評価しており、EUROへ向けて復活を望んでいるのは間違いない。

ウェールズ代表にとってはベイルがレアルを離れ、新天地で出番を確保するのが理想的だろう。果たして来夏のEURO2020でベイルは主役となれるのか、今夏の動きは重要だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ