セリエA“トップ5チーム”への挑戦 「すぐにミランをCLの舞台で見れると」

終盤に良い戦いを披露したミラン photo/Getty Images

終盤戦のペースを維持できれば

セリエAにてユヴェントス、インテル、ラツィオらによる上位争いが続いていた中、リーグ再開後に異様なペースで勝ち点を積み上げたのがミランだった。

ベテランのFWズラタン・イブラヒモビッチが前線で軸となり、アンテ・レビッチやMFハカン・チャルハノールらがそれに引っ張られるように好パフォーマンスを披露。

中盤でもフランク・ケシエ、イスマエル・ベナセルが躍動し、左サイドバックではテオ・エルナンデスがセリエA最高級の存在と絶賛されるようになった。

リーグ再開後のミランは全てが噛み合っていたが、問題は来季開幕からもこのペースを維持できるかどうかだ。

最終的に今季は6位でフィニッシュしたが、この順位は理想的ではない。やはり欲しいのはチャンピオンズリーグ出場権だ。

そのためにはローマ、ラツィオ、アタランタ、インテル、ユヴェントスといった強敵たちのペースに喰らいついていかなければならない。

これは簡単な仕事ではないが、今季終盤戦のペースを維持できるならトップ4入りも見えてくる。

伊『Sportmediaset』によると、ミランOBのルイ・コスタも近いうちにチャンピオンズリーグの舞台に戻れるとの見解を示す。

「終盤のミランは成長しているところを見せたね。彼らは素晴らしい仕事をしたし、ミランがいるべき場所に留まり始めている。結果が出始めているし、すぐにチャンピオンズリーグの舞台でミランを見れると信じているよ」

最近のセリエAはインテル、ラツィオ、アタランタら第2集団がユヴェントスを猛追しており、上位争いが面白みを増している。そこにミランまで加わってくれば言うことなしだが、来季のセリエAを荒らす存在になれるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ