18歳で“ラーム2世”と大絶賛 決してパニックにならない冷静すぎる実力者登場

ハーツのヒッキー photo/Getty Images

中盤もこなす器用さ

器用なサイドバックとして攻守両面でハイレベルのパフォーマンスを継続し、そのクレバーさを活かして中盤でもプレイできる。

バイエルンで活躍した元ドイツ代表DFフィリップ・ラームの印象はこんなところだろうか。

全盛期のラームは世界トップクラスのサイドバックだったが、今のサッカー界にはラーム2世と呼ばれる者が出てきている。

スコットランドのハーツでプレイする18歳のDFアーロン・ヒッキーだ。

ハーツはお世辞にも強豪と呼べるクラブではないが、ヒッキーはかなり高い評価を得ている。ビッグクラブが関心を寄せる逸材となっており、近いうちに欧州五大リーグでブレイクすることになるかもしれない。

英『Edinburgh Live』によると、ハーツを指揮してきたダニエル・シュテンデルもヒッキーのことをラーム2世と絶賛している。

「アーロンは特別な才能がある。あの若い年齢で非常に落ち着いている。決してパニックになることはなく、冷静さを失わない。常に正しい決断を下している。若い選手だが、彼と対峙するのは非常に難しい」

「アーロンはラームのような選手だ。私は彼をサイドバックで起用したが、彼はただ上下動するだけではない。攻撃ではラームのように動く。それに彼はセントラルMFでもプレイできるんだ。私を信じてほしい。彼は偉大なキャリアを築くよ」

「彼がすぐバイエルンのようなワールドクラスのチームでやれるか?おそらく、それはまだ早いだろう。バイエルンのようなクラブなら、まずはレンタルに出すだろうね。だけど、バイエルンはラームにも同じことをした。彼らはまずラームをシュツットガルトにレンタルさせている。ダビド・アラバだってホッフェンハイムにレンタルしていたね。アーロンのプレイスタイルはバイエルンにも合うよ」

18歳の選手にラーム2世の呼び名は重いかもしれないが、それだけポテンシャルが評価されている証だ。

ヒッキーはスコットランドの世代別代表でもプレイしているが、リヴァプールのアンドリュー・ロバートソン、アーセナルのキーラン・ティアニーに続き、またスコットランドから優れたサイドバックが出てきている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号は、欧州4大リーグのシーズンレビュー。コロナ禍の混乱があったものの、新たな若手が躍動したり、新指揮官が辣腕を振るったりと見所満載だったシーズンを、業界屈指のライター陣が振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ