来季PSGで大ブレイクの可能性アリ “17歳”の神童が踏み出した一歩目

ソショーとの練習試合でトップチームデビューを飾ったシャビ・シモンズ photo/Getty Images

待望のトップデビュー

フランスで新たなモンスター候補が一歩目を踏み出した。巨大な才能を持つ逸材と評判の17歳がトップチームデビューを果たしたのである。その17歳とは、パリ・サンジェルマンに所属するU-17オランダ代表MFシャビ・シモンズのことだ。

昨季まではバルセロナの下部組織に所属していたシモンズ。当時から注目される存在だったが、昨夏のPSG移籍に際して加入後の年俸が51万6000ユーロ(約6400万円)と発覚し、さらに話題となったことは記憶に新しい。それだけPSGが才能に惚れ込んだ逸材ということで、サッカーファンはいつ彼がトップチームでデビューを飾るのかとワクワクしていたことだろう。

そんなファン待望の瞬間が現地時間6日に訪れた。チャンピオンズリーグに向けた調整の場として組まれた練習試合ソショー戦で、シモンズは74分からユリアン・ドラクスラーとの入れ替わる形で途中投入されトップデビューを飾ったのである。 公式戦ではなく、ネイマールやアンヘル・ディ・マリア、キリアン・ムバッペといった選手たちが負傷している影響もあって巡ってきた出番でこそあるものの、現地メディアはこの17歳のデビューに注目。英『SPORTbible』はシモンズの初出場を次のように伝えている。

「ティーンエイジャーはユリアン・ドラクスラーの代わりとして後半から起用された。中盤の彼は鋭く見え、チームの流れにうまく関与していた。もちろん、これはシモンズのキャリアの初期段階に過ぎない。だが、彼の最新のパフォーマンスはすでにファンを興奮させている」

約15分ほどの出場だったものの、デビュー戦で確かな爪痕を残したシモンズ。はたして来季、PSGで新たな若きモンスターが覚醒することはあるのだろうか。フランスで巨大な才能が開花する日は近いかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ