インテルで31歳FWの大逆襲が始まる予感 皆が期待する“苦しんだ男”の復活劇

インテルへの完全移籍が濃厚なA・サンチェス photo/Getty Images

コンテ監督も復活に期待

マンチェスター・ユナイテッドでの1年半こそ苦しい時間を過ごしたが、31歳の“ほぼ忘れられていた男”は来季ついに完全復活となるか。チリ代表FWアレクシス・サンチェスにインテル完全移籍の可能性が浮上している。

マンUではその高額な給与なども含めて、痛烈なバッシングを受けることも多かったA・サンチェス。今季はそんな周囲の雑音を避けるかのようにインテルへレンタル移籍していたが、ネッラズーリでこの31歳はかつての姿を取り戻しつつある。全盛期ほどのキレがあるかと言われればそうではないものの、巧みにスペースに入り込む動きは時間を経るにつれて洗練された。今季はいくつか彼が主役となる試合もあり、リーグ戦22試合で4ゴール9アシストという成績は称賛に値するものと言えるだろう。

その貢献が評価されたか。インテルはA・サンチェスの完全移籍による獲得に動いていると英『Daily Mail』が伝えている。本来であればマンUとの契約期間があと2年残されているため、獲得には決して少額でない移籍金が発生するはずだったA・サンチェス。インテルにとってはこれがネックとなっていたが、同メディアによると、どうやらマンU側は残り契約を破棄してインテルにこのチリ代表FWを放出する構えだという。赤い悪魔は次のレンタル先が見つからないリスクを回避した格好で、取引成立は近日中にも発表される予定とのことだ。

今季セリエAで奮闘したことにより、インテルという新天地での再出発を手に入れるA・サンチェス。そんな復活を期す31歳にはアントニオ・コンテ監督も期待しているようだ。彼を良い状態に戻すため、我慢強く待った時間がようやくチームに恩恵をもたらし始めたと指揮官は次のように語る。

「アレクシス・サンチェスの獲得は、クラブによって作られた素晴らしいものだと思うよ。その条件を考えると、本当に良い取引だった。彼はマンチェスター・ユナイテッドで本当に苦労していた。ここに来てからも怪我に苦しんだね。我々は彼を軌道に戻すのに時間を作った。だからこそ、今の我々はその恩恵を受けることができているんだ」

シーズン後半戦からインテルの中でキラリと輝きはじめたA・サンチェス。来季はその輝きがさらに増すこととなるのだろうか。イタリアの地でチリ代表FWの大逆襲が始まる予感だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ