バルサを追われた男が振り返る“急転直下の移籍劇”  「今でもわからない」

今冬ローマに加入したC・ペレス photo/Getty Images

今冬に突然のイタリア行き

今冬、突如としてバルセロナから他クラブへと活躍の場を移すこととなった新星ウインガーがいる。ASローマへのレンタルによって今季後半戦をイタリアで過ごすこととなった22歳MFカルレス・ペレスだ。

バルセロナの下部組織出身で、昨年5月にトップチームデビューを果たし将来を嘱望される存在だったはずのC・ペレス。今季も移籍前までは限られた出番(公式戦12試合に出場)の中で2ゴール3アシストという結果を残していた。

しかし、今冬の移籍市場でそのキャリアは大きな転換点を迎えることに。彼は突然、ローマへレンタル移籍することが決定したのである。しかも、この移籍は武者修行などでなく、特定の条件を満たすとローマ側に買取義務が発生する完全移籍前提のレンタル。取引が発表された際には多くの人が衝撃を受けたことだろう。

本人もこの移籍にはかなりショックを受けたようで、移籍から半年の時間が経過した今、C・ペレスが当時を振り返っている。スペイン『EFE』のインタビューに対して、バルサを追われた22歳は次のように思いの丈を語る。

「バルセロナが僕を放出したことは本当に衝撃だったよ。僕は今でも、自分がそのような放出に値する選手ではなかったと思っている。カデーテ(U-16)に上がってからというもの、主にイングランド方面から僕のもとには獲得オファーが届いていた。でも、僕はずっとバルサのトップチームを夢見ていたから、その誘いには『No』と言い続けていたんだ」

「バルサBに昇格した後も国内クラブからオファーがあったね。だけど、さっき言った理由からそれも全て断ったよ。なのにこの仕打ちだ。何が起こったのかは今でもわからない。クラブにお金が必要だったのか、それとも僕を遠ざけたい何かしらの理由があったのか。まあ、今となっては過去のことだけどね」

バルセロナでトップチーム昇格という夢を叶え、順風満帆に見えたキャリアに突然生じた変化。結果も残していただけに不可解な移籍となったが、C・ペレスは今でもこの取引に疑問を抱いている様子だ。現地メディアでも盛んに理由がわからないと騒がれただけに、本人がそう思うのも無理はないか。

とはいえ、ローマでも順調な時間を過ごしているC・ペレス。このままセリエAで影響力を高め、将来はバルセロナを見返すほどの選手となりたいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ