“NEWアリソン”候補が遂に欧州デビューへ 若きブラジル代表GKがベールを脱ぐ

ユヴェントス戦でのデビューが濃厚なローマのフザト photo/Getty Images

セリエA最終節でデビューと指揮官

少し隠れた存在かもしれないが、近年GKのブレイクが立て続けに発生しているのがASローマだ。現在はユヴェントスでプレイするヴォイチェフ・シュチェスニーと、リヴァプールのGKアリソン・ベッカー。今季プレイするクラブでどちらも正守護神としてリーグ優勝に貢献した彼らは、いずれもローマでその評価を高めた選手である。

特にアリソンの出世はローマファンにとって驚きだったに違いない。かねてよりその実力は評価されていたものの、移籍初年度はシュチェスニーの控えという立場だった同選手。しかし、シュチェスニーが去った2017-18シーズンからはファーストチョイスの守護神として躍動し、圧巻のパフォーマンスを披露。いつしか“世界最高級GK”と呼ばれるまでの存在となり、リヴァプールへと旅立っていった。瞬く間の大出世だっただけに、衝撃を受けた人も少なくなかっただろう。

そんなアリソンの華麗なるステップアップを見届けたロマニスタたちだが、彼らはまたもブラジルからやって来た若きGKの大変身を目の当たりにすることとなるか。“NEXTアリソン”候補として期待がかかる23歳のブラジル代表GKが加入から約2年の時を経て、デビューの時を迎えようとしている。

そのブラジル代表GKとは、2018年夏にパルメイラスから加入したダニエウ・フザトだ。今季はパウ・ロペス、そしてアントニオ・ミランテに続く第3GKとしてシーズンを過ごしていたフザト。しかし、チームの5位が確定した今、パウロ・フォンセカ監督はこの23歳を現地時間1日に行われるリーグ戦最終節ユヴェントス戦でデビューさせる方針のようだ。試合前の会見にて、指揮官はGKの起用について問われた際に「明日はフザトがプレイする」と明言。下部組織出身の18歳DFリッカルド・カラフィオーリと共にデビューすることがほぼ確実となっている。

アリソンやエデルソン・モラレスと共にセレソンに選出されていながらも、出場がゼロとあってベールに包まれた存在だったフザト。ローマファンでさえその実力を知らない若手GKは、はたしてユヴェントス戦でどれほどのパフォーマンスを披露するのだろうか。イタリアの絶対王者相手に強烈なインパクトを残すこととなればおもしろい。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ