守備職人の陰に隠れる“超攻撃型SB” バルサが目をつける若き仕掛け屋

マンUのダロト photo/Getty Images

攻撃力はむしろバルサ向きか

今季プレミアリーグを3位でフィニッシュしたマンチェスター・ユナイテッドでは、数名の新戦力がヒットした。

今冬に合流したMFブルーノ・フェルナンデス、そして昨夏にクリスタル・パレスから獲得した右サイドバックのアーロン・ワン・ビサカだ。

長いリーチを活かした守備の1対1に強みを持つアーロン・ワン・ビサカはすぐポジションを確保し、マンUの守備を支える貴重な戦力となった。

その一方で、影が薄くなってしまった超攻撃的サイドバックがいる。

2018年夏にFCポルトからマンUへ加入した21歳のディオゴ・ダロトだ。アーロン・ワン・ビサカとは違う攻撃に強みを持つダロトは、今季たった11試合にしか出場していない。

怪我の影響もあったが、アーロン・ワン・ビサカに1番手を奪われたのは紛れもない事実だ。アーロン・ワン・ビサカがいる限り、ダロトが右サイドバックのポジションを奪うのは難しいだろう。

それでもダロトの人気が落ちたわけではない。英『Daily Mail』によると、マンUで出番確保に苦しむダロトにバルセロナが目をつけているという。

バルセロナは過去にもダロトへ興味を示していたが、マンUとの獲得レースに敗れている。現状を受けてもう1度獲得へトライしようとの考えなのか。

ダロトは攻撃面の1対1に強みを持つ超攻撃的なサイドバックで、その特性はバルセロナの方が合うかもしれない。ダニエウ・アウベスの退団以降、バルセロナの右サイドバックは1番手が固まっていない。アーロン・ワン・ビサカに挑むよりはポジション確保のチャンスがあるか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ