来季プレミアで大化けする リーグ再開後に暴れる注目の若手5名

エヴァートンの下のカテゴリーでプレイするシムズ(右) photo/Getty Images

早くも来季への期待膨らむ

リーグ再開後に交代枠が5枚に増えたこともあり、プレミアリーグでも若手を見る機会が多くなっている。

彼らにとって交代枠5枚は大きなプラスであり、貴重な経験を積んだ者もいる。勢いそのままに来季も出番を増やしていく者が出てくることだろう。

そこで英『90min』は、来季プレミアリーグでもっと出番が増えるであろう9人の若手をリストアップ。今後の成長に大きな期待をかけている。

1.ルーク・トーマス(レスター・シティ/DF/19歳)



移籍も噂されるベン・チルウェルの後継者候補として突如浮上したのが、19歳のトーマスだ。左サイドバックを本職とするトーマスは、デビューゲームから好パフォーマンスを披露。早くもサポーターのハートを掴み始めている。

仮にチルウェルが移籍するなら、トーマスが1番手となるかもしれない。

2.ベン・ジョンソン(ウェストハム/DF/20歳)



今季はまだリーグ戦2試合にしか出場していないが、今月22日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦にてジョンソンは右サイドバックでフル出場。FWマーカス・ラッシュフォードを抑えたと高い評価を得ている。

タックル、クリアともに印象的な数字を残しており、センターバックもこなす守備力は魅力的だ。

3.エリス・シムズ(エヴァートン/FW/19歳)



まだプレミアリーグでデビューしたわけではないが、先日のシェフィールド・ユナイテッド戦では初のベンチ入りを経験した184cmの大型ストライカーだ。

エヴァートンのU-18、U-23のカテゴリーでは、直近2シーズンで48戦46ゴールと驚異的な成績を残している。本格デビューの時が近いのは間違いない。

4.ロイド・ケリー(ボーンマス/DF/21歳)



リーグ再開後にデビューを果たしたレフティーDFのケリーは、6月24日のゲームよりリーグ戦全試合に出場している。左のサイドバックとセンターバックをこなせるのが強みで、ネイサン・アケが退団する場合は出番が増えると予想されている。レフティーであることを考えると、アケの後継者に最も近いか。

5.ジョアン・ペドロ(ワトフォード/FW/18歳)



まだ何か実績を残したわけではないが、今年1月にフルミネンセから合流した若きブラジル人アタッカーは移籍当初から話題を呼んできた。

ここまでプレミアリーグでは20分間しかプレイしていないものの、同メディアはスピードと運動量、ドリブルの技術を評価。フィニッシュの精度を向上させることができれば、将来的に面白いプレイヤーになると期待している。

来季必要な火力をチームに加える存在の1人とも主張しており、この夏にアピールできれば出番はさらに増えるはず。


彼らはリーグ再開後に何らかのアクションを見せており、来季への活躍に期待がかかる。いずれも中堅クラブの選手ではあるものの、来季彼らがどの立ち位置でスタートするか注目するのも悪くないだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ