“超万能レフティーDF”が大人気の理由 若さ、経験、柔軟性、技術が揃う実力者

ボーンマスのアケ photo/Getty Images

中堅クラブ所属ながらレアなDF

プレミアリーグのタイトルをリヴァプールから奪うべく、マンチェスター・シティは今夏も補強へ動くだろう。

現在そのターゲットの1人となっているのが、ボーンマスでプレイするDFネイサン・アケだ。

チェルシーに所属していた選手としても有名なレフティーのアケは、イングランド国内において人気の高い選手だ。

では、なぜそれほどアケは人気が高いのか。英『sky Sports』がその人気の理由を紹介している。

まず1つは若さと経験だ。25歳ながら、アケはプレミアリーグの戦いを146試合も経験している。現在のプレミアリーグにおいて、25歳以下のDFでアケ以上に出場数が多いのはマンチェスター・ユナイテッドのルーク・ショーとアーセナルのエクトル・ベジェリンのみだという。

2つ目の理由は高いユーティリティ性だ。今季はセンターバックでプレイする機会が多いが、アケは左サイドバックと守備的MFをこなすことができる。加えて左利きというのは非常にレアだ。

チームを指揮するエディ・ハウは、昨年5月にアケのユーティリティ性についてこのように語っている。

「ネイサンは中盤の役割を楽しんだように思う。彼もこの役割を好んでいるんじゃないかと思うよ。ネイサンのようなユーティリティ性あるプレイヤーは魅力的だ。我々が望むポジションの全てでプレイできるのではと思う」

またアケは複数ポジションをこなしながらも、今季のパス成功率は87.6%と安定している。ジョゼップ・グアルディオラのスタイルにフィットするタイプのDFと考えられるのだ。

今季のマンCは守備陣の故障者に悩まされた。アケのようにセンターバック、左サイドバック、守備的MFを高いレベルでこなしてくれる選手がいれば心強いだろう。

2017-18シーズン以降、アケはボーンマスにとって貴重な戦力であり続けた。その証拠に、アケが出場した105試合の勝率は29.5%なのに対し、欠場した8試合は6敗も喫している。勝率はたった12.5%だ。

経験も積み、若くてユーティリティ性もある。アケの人気が高いのも頷けるというものだ。年齢的にもビッグクラブでチャレンジしたいところで、マンC入りは悪いアイディアではないだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ