久保建英は“今すぐ”レアルでプレイできる 「世界最高の1人になる可能性」

マジョルカの久保 photo/Getty Images

ベイル、バスケスに代わる右ウイングはアリか

今すぐにでもレアル・マドリードでプレイするレベルへ到達しているのだろうか。マジョルカにレンタル移籍しているMF久保建英への絶賛が止まらない。

久保はマジョルカで好パフォーマンスを連発しているが、さすがにレアルでプレイするのは早すぎるのではとの考えもある。来季もレンタル移籍で経験を積むのが無難な選択だろう。

しかしスペイン『Fichajes』は、久保はすでにレアルでプレイする準備ができていると伝えている。

さすがにスタメンを奪取するレベルではないが、マジョルカでのパフォーマンスはレアルで出場機会を得るにふさわしいと考えられているのだ。

出番を得るならば右サイドだ。仮に今季限りでガレス・ベイル、ルーカス・バスケスに見切りをつけるならば、久保も右サイドの候補者となってくる。1番手をマルコ・アセンシオと考えるなら、同じレフティーの久保はそのバックアッパーといったところか。いずれにしても、レアルの右ウイングはそこまで層が厚いわけではない。

「この日本人サッカー選手は、今後数年の間に世界で最高の1人になる可能性を秘めている」

同メディアはここまで久保のことを評価しているが、来季もレンタルと決めつける必要はないか。単純に実力だけで評価すれば、同じ若手のヴィニシウス・ジュニオールやロドリゴ・ゴエスにも負けていないはず。彼らのようにローテーションの形で出番を得ることも可能かもしれない。

日本のサッカーファンは早く久保がレアルの一員として戦う姿を見たいはずだが、来季はどこで活躍することになるのか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ