マンUにプレミア屈指の天才MFは必要か 赤い悪魔が24歳を欲しがる理由

アストン・ヴィラで躍動するグリーリッシュ photo/Getty Images

B・フェルナンデスのみでは不安か

マンチェスター・ユナイテッドがプレミアリーグで頭角を現す天才MFの獲得を狙っている。かねてより、そんな噂が現地で盛んに報じられている。その天才MFとはアストン・ヴィラのジャック・グリーリッシュだ。

昇格組であるアストン・ヴィラを中心選手として牽引しているグリーリッシュ。同選手はゲームメイク、ドリブル、ミドルシュートの能力といった攻撃的MFに求められる武器を、いくつもハイレベルに備えているテクニシャンだ。守備にも献身的で、マンUが欲しがると噂されるのも理解できるだろう。

ただ、マンUが彼の獲得を望んでいるのは単純に彼が優秀だからという理由だけではない。そう主張するのはかつてアストン・ヴィラで監督を務めたティム・シャーウッド氏だ。マンUが彼を狙うのはMFブルーノ・フェルナンデスの不在時に備えるため。英『talkSPORT』のインタビューに対して、同氏はこのように自身の考えを語っている。

「ジャックはユナイテッドが間違いなく必要としている選手だ。彼らは素晴らしい才能を持った選手を多く抱えているけれど、その誰もが似たようなタイプなんだ。マーカス・ラッシュフォード、メイソン・グリーンウッド、アントニー・マルシャル、ダニエル・ジェイムズといった選手たちだね。彼らは皆クオリティこそ高いが、プレイのリズムはほぼ同じだ。実際、ブルーノ・フェルナンデスが来るまでは変化をつけられずに苦労していたよね。彼がいなくなれば、その頃に逆戻りしてしまうはずなんだ。ユナイテッドはフェルナンデス不在時のクオリティを懸念しているはずだよ」

「そこで目をつけたのがジャックだ。彼はフェルナンデスのようにキュートなパスを前線に供給することができる。ユナイテッドは間違いなく彼を必要としているだろう。ポグバやフェルナンデスと一緒に中盤を形成させても面白いね。ヴィラに売却の意思はないだろうが、降格してしまえば彼は移籍することになるだろう」

B・フェルナンデスがいなければマンUは調子が悪かった頃の姿に戻ってしまう。その可能性を懸念し、ポルトガル代表MFと同等の実力者と見込んだグリーリッシュに赤い悪魔は白羽の矢を立てたのだと、シャーウッド氏は考えているようだ。

そうだとすれば、やはりマンUにとってグリーリッシュの確保は絶対に達成しなければならないミッションだろう。はたして、この天才MFがオールド・トラッフォードにやって来ることはあるか。アストン・ヴィラの最終順位次第で難易度は大幅に変わりそうだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ