スペシャル・ワンが勝率“45%”!? 苦戦の名将にスパーズを任せていいのか

トッテナムを指揮するモウリーニョ photo/Getty Images

来季へ不安になる内容

スペシャル・ワンの姿はどこへ消えたのか。ジョゼ・モウリーニョ率いるトッテナムが勝てない。

2日にはシェフィールド・ユナイテッドに1-3の完敗を喫してしまい、順位は9位まで後退している。シーズン途中からの指揮とはいえ、トッテナムにふさわしくない順位であることは間違いない。

2度目のチェルシー政権終盤、そしてマンチェスター・ユナイテッドと、近年はどこかモウリーニョらしくない成績ではあった。その悪い流れをトッテナムでも続けてしまっている印象だ。

英『GIVE ME SPORT』でもリーグ戦で勝てないモウリーニョ率いるトッテナムを問題視している。

ここまでモウリーニョはトッテナムを指揮し、リーグ戦では20戦9勝4分7敗の成績にとどまっている。1試合平均の獲得勝ち点数は1.55点、勝率は45%まで落ちる。

同メディアはチェルシー第一次政権の頃とは大違いと伝えているが、当時に比べてモウリーニョの影響力は明らかに落ちた。もちろん当時のチェルシーとは戦力が違うが、さすがに勝率が50%を切っているのはまずい。

モウリーニョのチームは2シーズン目に強いと言われるが、その意地を来季見せられるだろうか。ここまでは失望の結果となっている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ