ユーヴェ、チーム内状況は最悪? 指揮官とチームの心臓が衝突との噂も

サッリ新体制で重要な役割を担ってきたピャニッチ photo/Getty Images

サッリ監督は噂を完全否定

ユヴェントスの指揮官を務めるマウリツィオ・サッリ監督が、教え子との衝突を否定した。

3ヶ月以上の中断を乗り越え、ついに再開されたセリエA。各クラブが再始動、そしてリーグ終盤戦の追い込みへ向けて、日々トレーニングに励んでいる。ただ、現在セリエAで首位に立つユヴェントスのチーム内状況はあまり良くないのかもしれない。

ユヴェントスは一足先に行われたコッパ・イタリアで、ナポリに決勝でPK戦の末に敗れ、昨年のスーペルコッパ・イタリアーナに続いてタイトルの獲得に失敗。こういった状況に加えて、トレーニングの際にサッリ監督とチームの“心臓”を務めるMFミラレム・ピャニッチが衝突したことが地元メディアによって取り上げられ、チーム状況が最悪との噂が浮上しているのだ。

しかし、伊『sky SPORT』のインタビューに応じたサッリ監督は、今回の件について「これはフェイクニュースだ」と完全否定。さらに「口論はなかった。彼は今季、最もピッチに立っている選手のひとりだ。3枚の中盤で決定的な役割を果たしてくれるで、彼を頼りにしなければならない」と述べ、同選手への信頼を強調している。

今季、いまだにタイトルを獲得することができていないユヴェントス。様々な噂が飛び交っているが、イタリアの絶対王者として、最低でもスクデットは手にしたいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ