1年でインテル退団が噂される“世界最高級CB” 今後のプランは?

今季からインテルでプレイするゴディン photo/Getty Images

来季以降もインテル残留を強調

インテルに所属するウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが、自身の今後のプランについて語っている。

9年間にわたってプレイしたアトレティコ・マドリードで飛躍を遂げ、今や世界最高のセンターバックのひとりと称されるゴディン。昨夏に新たな挑戦を決断し、イタリアの名門インテルへ移籍した。しかし、新天地で待っていたのは、本人も予想だにしていなかった状況かもしれない。

ゴディンは大きな期待を背負って加入するも、慣れない環境や若手の台頭などもあり、今季はベンチを温める機会が多い。セリエA26試合消化した時点で、16試合の出場にとどまっているのだ。こういった状況もあり、早くも今夏の移籍市場で退団の噂が浮上している。

はたして、ゴディンはわずか1年でインテルを去ってしまうのか。伊『Corriere dello Sport』のインタビューに応じた同選手が次のようなコメントを残した。

「正直、私がミラノを離れるというニュースを聞いて、非常に驚いているよ。私はインテルへ来て以来、常に素晴らしいと感じてきたからね。クラブに関しても、ファンに関しても。クラブは私を信頼してくれているし、我が家のように感じている。インテルを離れることを考えたことはないよ。プロジェクトの一部であることも感じられているし、ロッカールームでも快適だ。私の考えは契約を尊重し、イタリアで、インテルのユニフォームで、素晴らしい冒険を楽しむことだね」

「ここへ来たのは私の選択だ。このクラブがタイトルを獲得するために手助けをしたいし、できるだけ多くのタイトルを獲得することを目指してその決断を行なった。クラブも私に満足してくれていることを理解しているよ。そして、それは私を誇りで満たしてくれている。私が去りたがっているというのは真実ではない。この噂について、誰にも話したことすらないよ。私はチームを助けるために全力を尽くす。監督が私のパフォーマンスに満足していれば、インテルでの経験を続けることができると思う」

ゴディンはインテル愛や今夏の残留を強調。どうやらクラブ側が戦力外とみなさない限り、来季以降も引き続き黒と青のユニフォームを着て、タイトル獲得を目指すようだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ