“スターリング2世”はどこへ消えた 1部で未だ無得点のワンダーボーイ

リヴァプールでプレイしていたシンクレア photo/Getty Images

16歳でデビューしたが……

16歳と6日というクラブ史上最年少の若さでデビューを果たしたリヴァプールのワンダーボーイを覚えているだろうか。

マイケル・オーウェン、ラヒーム・スターリングに続くリヴァプール産のワンダーボーイとして注目を集めたFWジェローム・シンクレアのことだ。

シンクレアは2011年よりリヴァプールのアカデミーに入り、16歳でデビュー。将来のスター候補として期待されていたのだが、今では忘れられた存在になってしまった。

英『Sport bible』がシンクレアの今を伝えているが、シンクレアは2016年にワトフォードへ移籍。何かが狂い始めたのはこの頃からだ。

ワトフォードはシンクレアをレンタルに出す決断を下すのだが、そこからバーミンガム、サンダーランド、オックスフォード・ユナイテッド、今季はオランダのVVVフェンロと、気付けばレンタル移籍だらけのキャリアになっている。

スピード、さらにはフィニッシュの精度も印象的だったが、驚くことにシンクレアは未だ1部リーグで得点を決めたことがない。今季はエールディヴィジで戦うVVVフェンロにレンタル移籍しているが、リーグ戦23試合でまさかの無得点。

プレミアリーグでも得点を決めた経験はなく、1部リーグで得点を決められないまま23歳を迎えている。

ここまで苦戦するキャリアになるとは想像していなかったはずで、それこそリヴァプールから大きく羽ばたいた現マンチェスター・シティFWスターリングとは大きすぎる差がついている。今かつてのワンダーボーイ・シンクレアのことを覚えているリヴァプールサポーターはどれだけいるだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ