まるで大人と子供のサイズ感? チェルシーの“ビーストMF”復活

チェルシーのロフタス・チーク photo/Getty Images

復活のビッグマンと成長著しいテクニシャン同時起用への期待

チェルシーではライプツィヒFWティモ・ヴェルナー獲得案が大きな話題を集めているが、注目すべきは前線だけではない。

来季楽しみなのは中盤も同じだ。徐々にブレイクを果たしているMFビリー・ギルモアに加え、あのビッグマンが戻ってくる。

サポーターを興奮させるのは、イングランド代表MFルーベン・ロフタス・チークだ。負傷離脱が続いていたが、今はトレーニングへ戻ってきている。

ルーベン・ロフタス・チークもSNSにてトレーニング中の写真をアップしているが、ギルモアと並ぶ姿は大人と子供のようだ。191cmのサイズを誇るルーベン・ロフタス・チークは、ギルモアやエンゴロ・カンテらとは異なる特性を中盤にプラスすることができる。

この投稿をInstagramで見る

Moving

Ruben loftus-cheek(@rlc)がシェアした投稿 -



「ビースト」

「カンテ、ギルモア、ロフタス・チークのトリオは理想」

「ロフタス・チークのプレイが待ち切れない」

ギルモアとの20cm近い身長差も話題になっているようで、このビッグマンとテクニシャンの同時起用にサポーターも期待をかけている。

ロフタス・チークの復帰がチェルシーにとって大きなプラスとなるのは確実で、ジョルジーニョ、ロス・バークリー、マテオ・コバチッチ、メイソン・マウントらを含め中盤の競争は熾烈だ。

若い選手が多いものの、指揮官フランク・ランパードにとっても理想的な人材が集まりつつあるのではないだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ