レジェンド・リベリの背中を追う ブンデスでリベリ以来の記録作った仏産FW

ボルシアMGのプリー photo/Getty Images

フランス人アタッカーがドイツの地で躍動

ブンデスリーガで最も活躍したフランス人選手の1人に、バイエルンで長くプレイした現フィオレンティーナFWフランク・リベリが挙げられる。

左サイドからゴールとアシストを量産したリベリは、2012-13シーズンにはバイエルンで3冠を経験。バロンドールにふさわしいとまで言われるほどの活躍を見せた。

そして今、そのリベリの背中を追いかけようとフランス人選手が続々とブンデスリーガへやって来ている。

その1人がボルシアMGでプレイするFWアラサン・プリーだ。プリーは5月31日に行われたウニオン・ベルリン戦にフル出場し、1得点2アシストを記録。これで今季リーグ戦の得点数とアシスト数の両方が二桁の10点に達することとなった。

仏『Footmercato』によると、フランス人選手がブンデスリーガにて得点とアシストの両方を二桁に乗せるのはリベリ以来のことだという。

プリーはフランス代表で主力になっているわけではないが、所属するボルシアMGの方では重要な戦力としてフル稼働している。チームでは同じくフランス人アタッカーのマルクス・テュラムも奮闘しており、フランス人アタッカー2人への期待は大きい。

リベリの場合はその活躍を長きに渡って続けたことでワールドクラスの評価を得たわけだが、プリーもその領域へ近づけるのか。ひとまず昨季の12得点に続き、2シーズン続けてリーグ戦二桁得点は達成した。アシストの方も順調に伸びているため、得点&アシストの両方で貢献できるリベリのようなプレイヤーを目指したいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ