イタリアで“欧州屈指のCB”の激しい争奪戦 新天地の有力候補は

6月末でトッテナムとの契約が満了を迎えるヴェルトンゲン photo/Getty Images

トッテナム退団は濃厚か

トッテナムのベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲンをめぐって、イタリアの地で激しい争奪戦が繰り広げられそうだ。

現在33歳のヴェルトンゲンは、2012年夏にアヤックスからトッテナムへ移籍。怪我に苦しめられるシーズンも何度かあったが、加入初年度からチームの主力として活躍し、同クラブでの公式戦通算出場数は「300」を超える。今季もここまで26試合に出場しており、トッテナムに欠かせない選手のひとりとなっているのだ。

ただ、ヴェルトンゲンとの契約は6月30日で満了を迎える。トッテナムはこの守備の要をチームに留めるべく、契約の延長に動いていたようだが、ここまで交渉が難航。条件に関して双方合意が得られず、いつくかのメディアは「今夏の退団が濃厚」とも報じていた。

そんなヴェルトンゲンに興味を示しているのがイタリア勢だ。伊『calciomercato』などによると、国外への移籍を視野に入れていることから、ローマ、インテル、ナポリ、フィオレンティーナが注目しており、同選手の動向を追っているとのこと。ローマとインテルが新天地の有力候補で、より多くの出場機会を求めるのであればフィオレンティーナもあるだろうとの見解を示している。

はたして、欧州屈指のセンターバックであるヴェルトンゲンは、来季どこでプレイすることとなるのか。イタリアのクラブ以外にも、古巣アヤックスやスペイン行きなども噂されている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ