バルサのグリーズマン獲得は“大失敗”なのか 「獲得は間違いだったと思う」

バルセロナのグリーズマン photo/Getty Images

ネイマールの方が欲しかったか

1シーズンのみで判断するのは早すぎるかもしれないが、バルセロナが昨夏にFWアントワーヌ・グリーズマンを獲得したのは失敗だったのだろうか。

新型コロナウイルスの影響で今夏の実現は難しそうだが、最近もパリ・サンジェルマンFWネイマールのバルセロナ復帰説は頻繁に噂されてきた。もしネイマールがバルセロナに戻れるならば、グリーズマンは不要と考えることもできる。

米『ESPN』によると、元フランス代表のフランク・ルブーフ氏もグリーズマン獲得が正しい判断だったのかは疑わしいと語る。

「タフな質問だね。私としては、グリーズマン獲得は間違いだったと思う。彼がプレイしてきたエリアは、メッシがプレイしているところだからね。特に今ネイマールが復帰を求めているとなれば、グリーズマン獲得は間違いだったと思う。ネイマールはメッシと非常に合っていて、バルセロナではゲームを楽しんでいるように見えた。パリではやや違う。ネイマールを取り戻すのにどれだけのお金がかかるかは分からない。グリーズマンを手放す時、バルセロナがどれだけの金額を手にするかも分からない。ただ、バルセロナとしてはミスだったと思うね」

グリーズマンはレフティーアタッカーであり、確かにメッシと被るところはある。ネイマールの方が上手く噛み合っていたのはサポーターも認めるところだろう。仮にネイマールを取り戻せるのであれば、昨夏グリーズマンに1億ユーロ以上支払う必要はなかったのかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ