ピストルでもないと止められない!? チアゴ・シウバが語る厄介だった3人とは

メッシに対応するチアゴ・シウバ photo/Getty Images

長いキャリアから導き出した答え

ミラン、パリ・サンジェルマン、ブラジル代表で長くプレイしてきたDFチアゴ・シウバは、そのキャリアで多くの名アタッカーたちと対戦してきた。

そんな名手チアゴ・シウバにとって最も厄介だったアタッカーは誰なのか。仏『PSG TV』によると、その答えは実にシンプルだ。

チアゴ・シウバが厄介だった選手に挙げたのはバルセロナFWリオネル・メッシ、ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウド、そしてブラジル代表とパリで同僚のFWネイマールだ。

「最も厄介だったのはメッシだ。それからロナウド、ネイマールだ。彼らは非常に止めるのが難しい選手で、ポケットに銃でもないと止められないよ」

特にメッシとネイマールには強烈なインパクトがあるだろう。パリはチャンピオンズリーグで何度かバルセロナと対戦し、痛い目を見ている。

メッシ、スアレス、ネイマールのMSNトリオを擁していた2014-15シーズンのバルセロナともチャンピオンズリーグ準々決勝で対戦しており、その時は二戦合計1-5と圧倒されている。

現代のDFならば、メッシ、ロナウド、ネイマールの3名を挙げる人が多いかもしれない。チアゴ・シウバのチョイスは実にシンプルと言えよう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ