今が“史上最強”の赤い悪魔 ベルギー21世紀ベストイレブンの豪華な顔ぶれ

ベルギー代表のアザールとデ・ブライネ photo/Getty Images

この世代でどうしてもタイトルがほしい

欧州の赤い悪魔・ベルギー代表にとって来年は非常に重要な1年となる。黄金世代と呼ばれる選手たちも完成の時を迎え、来年に延期されたEURO2020のタイトルが喉から手が出るほど欲しいのだ。

英『90min』は新型コロナウイルスの影響でサッカーがストップしているこのタイミングで「各国の21世紀ベストイレブン」作成企画を進行中だが、ベルギーの史上最強イレブンはそのほとんどが現メンバーで構成されている。

GK
ティボー・クルトワ

DF
トマ・ムニエ
ダニエル・ファン・ブイテン
ヴァンサン・コンパニ
ヤン・ヴェルトンゲン

MF
アクセル・ヴィツェル
マルアン・フェライニ
ケビン・デ・ブライネ
マルク・ヴィルモッツ

FW
エデン・アザール
ロメル・ルカク




アザール、ルカク、デ・ブライネ、ヴィツェル、クルトワらは今もチームに欠かせぬ黄金世代であり、ベルギーサッカー界としてはこの世代でワールドカップかEUROのタイトルが欲しいところだろう。何も獲得できぬまま終われる世代ではない。

また不思議な縁とも言えるが、日本代表が実際に対戦したメンバーが多い。2018ロシアワールドカップはもちろん、ヴィルモッツとは2002日韓ワールドカップで顔を合わせている。日本のサッカーファンはベルギーの強さを嫌というほど理解していることだろう。

このベルギー史上最強世代と言っていいアザールやルカクらは大きな成功を掴めるのか。来年、さらに2022カタールワールドカップが真の勝負となる。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ