アンリ、V・ペルシーに次ぐ男 “21世紀”アーセナルFWランキングが面白い

オバメヤン&ラカゼットにも高い評価が photo/Getty Images

現FW陣はなかなかに豪華だ

今のアーセナルはリーグ順位こそ満足できない位置にいるが、攻撃陣はかなり豪華な顔ぶれと言っていい。

注目したいのは、英『GIVE ME SPORT』が発表した「21世紀のアーセナルFWベストランキング」だ。21名のセンターフォワードがランク付けされているのだが、この結果がなかなか興味深い。

現所属選手も数名入っており、今回はTOP15から注目したい。

15位:エディー・エンケティア(現所属)

14位:ルーカス・ペレス

13位:ニクラス・ベントナー

12位:エドゥアルド

11位:ダニー・ウェルベック

10位:ルーカス・ポドルスキ

9位:ヌワンコ・カヌ

8位:アレクサンデル・ラカゼット(現所属)

7位:エマニュエル・アデバヨール

6位:シルヴァン・ヴィルトール

エンケティアの名前も photo/Getty Images

5位:オリヴィエ・ジルー

4位:ピエール・エメリク・オバメヤン(現所属)

3位:ロビン・ファン・ペルシー

2位:デニス・ベルカンプ

1位:ティエリ・アンリ




1位〜3位はサポーターも納得する結果だろう。無敗優勝を果たしたコンビ、2011-12シーズンにはリーグ戦30ゴールと爆発したファン・ペルシーが選ばれている。

そしてこの3人に次ぐ実力者と評価されたのが、現エースのオバメヤンだ。チーム状況が厳しい中でもオバメヤンはゴールを量産しており、期待通りの得点力を披露してくれている。

その相棒であるラカゼットもトップ10入りを果たしており、今のアーセナルは21世紀TOP10に入る点取り屋を2枚も揃えていることになる。もちろん2人が来季もチームにいる保証はないが、今の前線はなかなかに豪華と言えよう。

また、15位に20歳のエンケティアが選ばれているのも興味深い。同メディアはこのまま成長を続ければ長きにわたってアーセナルのストライカーを務めることになるかもしれないと期待をかけており、将来のエース候補も着実に育ってきている。

前線はそれなりに実力者が揃っているため、守備の部分さえ手を加えられれば状況は変わってくるだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ