CLでの大活躍が“反撃の狼煙” 新世代CBがライプツィヒで伸びてくる

自慢だった長い髪を刈り上げて試合に臨むアンパドゥ photo/Getty Images

ここまではベンチで過ごす時間が多いが

欧州最高峰の舞台で19歳が披露したプレイには、多くの人が興奮したことだろう。2月に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでRBライプツィヒの若手センターバックが輝いた。ウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥだ。

最終ラインに負傷者が続出していた状況で、この19歳がライプツィヒの救世主となったことは間違いない。アンパドゥはトッテナムの進撃を味方との連携で次々に遮断し、攻撃面ではビルドアップにも積極的に参加。この試合でボールタッチ数(109回)、パス成功本数(93本)、パス成功率(95%)、インターセプト数(5回)のそれぞれでチームトップの数値を記録している。

一躍ライプツィヒでヒーローとなったアンパドゥ。しかし、それまでの道のりは険しいものがあった。彼はこの試合まで、スタメン出場がたったの一度のみだったのだ。チェルシーから満を辞して武者修行に来たものの、なかなか試合に出場できない日々が続く。どうやら、本人もこの状況には少々不満が溜まっていたようで、英『THE ATHLETIC』に対して同選手は当時を次のように振り返る。

「正直に話すと、フラストレーションは溜まっていたね。だけど、僕はこれを通して様々なことを学んだんだ。それほど多くの試合に出場はできていないけれど、プレイしたゲームではかなりうまく振る舞うことができたと思っているよ。かなり自信になったね」

「ただ、まだ学ぶべきことは多い。正直、ライプツィヒに来て以降は思ったほど順調に事が運ばなかったし、望んだようにはいかなかった。でも、技術面で改善の兆しは見えているし、違う監督の下でプレイすることで戦術面も進歩している。監督が違うことでこんなにも求められるスタイルが違うんだと学ぶことができたよ。もちろんチェルシーには留まりたかったさ。でも、今季はライプツィヒでプレイすることこそが僕にとって最良の選択だったと思うことができているよ」

プレイタイムに飢えていた時期の本音を明かしつつも、ライプツィヒに来たことで得たものも多いと語ったアンパドゥ。出場機会の少なさは少々予想外だったものの、武者修行に出たことを後悔はしていないようだ。ドイツで伸びる新世代センターバック。これまでは出場機会は限られていたが、ここからアンパドゥの逆襲が始まる予感だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、こんな今だからこそ振り返りたいCLの名勝負を一挙に振り返り! おなじみ、うじきつよし氏によるCL裏話的なインタビューも掲載です。「ぺこぱシュウペイのフロンターレで決定的ーーー!!」も元気に連載中!!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ