“シュンスケ・ナカムラー”と叫んだ日 蘇る12年前の伝説ドライブショット[映像アリ]

セルティック時代の中村 photo/Getty Images

実況も叫んだ伝説ゲーム

2008年4月16日。元日本代表MF中村俊輔の伝説を語るうえで欠かせない日である。

当時スコットランドの名門・セルティックに在籍していた中村は、永遠のライバルであるレンジャーズとの一戦にフル出場。大一番を得意とする中村らしいプレイと言うべきか、前半25分にあの伝説ゴールが生まれたのだ。

25分に中盤でボールを受けた中村は、少しバウンドしていたボールを迷うことなくインパクト。左足で捉えたその一撃は特殊な回転がかかり、相手GKも反応できないスーパーゴールとなった。




セルティックもこの日のことを改めて振り返っているが、多くのサポーターがこのゴールを記憶していることだろう。試合にも2-1で勝利することになり、中村はライバル相手の一戦で英雄となったのだ。

「クラブ最高の左足」

「何てインパクトだ」

「最も好きなゴール」

など、サポーターからは当時を懐かしむ意見も出ている。ここ最近は新型コロナウイルスの影響でサッカーがストップしていることもあり、昔の映像を振り返る機会が増えている。

改めて感じるのは、セルティック時代の中村には特別なシーンが多すぎるということだ。今後もまだまだ中村のスーパープレイ、スーパーゴールにスポットライトが当てられていくのだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ