“リベリ風”のヤングアタッカー大人気 「優れたスピード、ドリブル……」

ブレーメンのラシカ photo/Getty Images

世界から注目集める

バイエルンなどで活躍し、現在はフィオレンティーナでプレイするFWフランク・リベリに近い存在がブンデスリーガにいる。

そう評されたのは、ブレーメンでプレイする23歳のFWミロト・ラシカだ。

ブレーメンは現在降格圏となる17位に沈んでおり、お世辞にも良いシーズンを過ごしてきたとは言えない。日本代表FW大迫勇也も所属しているが、チームは攻守両面でボロボロに近い状態だ。

そんな中において、ラシカの存在は非常に興味深い。主に左のウイングをこなしてきたラシカはスピードもあり、苦戦しているチームの中でリーグ戦7得点4アシストとまずまずの成績を残している。

英『HITC』によると、ラシカをリベリと比較したのは代理人のネク・カプリック氏。同氏は左サイドから仕掛けるラシカのプレイがリベリに近いものがあると感じたようだ。

「ラシカにはプレミアリーグ、ブンデスリーガのクラブから多くのリクエストがあると言わないといけないね。私は彼をリベリと比較する。優れたスピードに、優れたドリブルがある。23歳だが、非常に知性的でピッチの上で上手くやっているよ」

新型コロナウイルスの影響でリーグ戦がどう動いていくかは分からないが、ブレーメンの成績を考えるとラシカがステップアップを望むのは自然な流れだろう。アストン・ヴィラやリヴァプール、サウサンプトンなどイングランドからも注目を集めているようだが、若きNEXTリベリ候補のラシカはどのような選択を下すのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ