ドルトムント中盤戦士はなぜ“欧州5大リーグ外”へ 24歳が移籍を決めた理由

今冬ドルトムントを退団したヴァイグル photo/Getty Images

「少し違うことをしてみたかった」

4年半にわたってドルトムントで活躍した24歳の中盤戦士は、なぜ突如として欧州5大リーグ外への移籍を決めたのか。今冬同クラブからベンフィカへ移籍したMFユリアン・ヴァイグルがポルトガル行きを選択した理由について語っている。

2015年夏のドルトムントに加入し、以降チームに欠かせない戦力として活躍してきたヴァイグル。今季も前半戦はリーグ戦13試合に出場し、レギュラーとして活躍していた。24歳という年齢を考えても、ドルトムントは今後も長くチームを牽引してくれる存在として彼を認識していたことだろう。移籍するにしても欧州5大リーグのビッグクラブ。ファンもどこかそう思っていたはずだ。

しかし、この男が選択したのはポルトガルのプリメイラ・リーガだった。ベンフィカはチャンピオンズリーグにも出場する強豪クラブだが、さすがに意外だったと言えるだろう。一体、なぜヴァイグルはこのような決断を下したのか。ポルトガル『A BOLA』のインタビューにて、同選手はその理由を次のように語っている。

「ベンフィカに来ることができてとても嬉しかったよ。第一印象はとても良いものだったね。移籍を決めた理由は何か新しいことに挑戦したかったからだよ。少し違うことをしてみたかったのさ。僕には違う国での新たな挑戦が必要だったのさ。冒険を求めていたということさ。今回の移籍は僕を選手としても人間としても成長させてくれると思う。ベンフィカのことはずっと前から知っていたさ。オファーを貰った時、このクラブの試合やスタジアムの良い雰囲気を思い出した。とてもワクワクしたし、ベンフィカのことをもっと知りたいと思ったね。特別な感情だったよ。その思いとかねてより持っていた海外でのプレイ希望が合致したんだ。だから、これこそが正しい道だと感じたのさ」

かねてより海外志望だったことを明かしつつ、伝統あるベンフィカからタイミング良くオファーが届いたことで移籍を決断したとヴァイグルは語っている。イングランドやスペイン、イタリアなどで活躍する彼の姿を見たかったファンにとっては少し残念な移籍となってしまったかもしれないが、本人はポルトガルでプレイすることに大きな喜びを感じているようだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ