トッテナムはリヴァプールDFの獲得ためらうな オススメされる補強候補

リヴァプールで序列を下げているロブレン photo/Getty Images

「アーセナルで言うD・ルイスのような……」

トッテナムの最終ライン補強候補に新たな名前が浮上した。リヴァプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロブレンだ。

今季途中から指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下で再建を目指すトッテナム。補強ポイントは多いとされており、来季に向けて守備的MFやセンターフォワード、右サイドバックに人材を確保したいのが現状だ。しかし、その中でもセンターバックの補強は急務。トビー・アルデルヴァイレルトこそ契約延長にこぎつけたが、ヤン・フェルトンゲンのシーズン終了後の去就は不透明となっている。そこで、後釜として白羽の矢が立ったのがロブレンだったというわけだ。

フェルトンゲンの後釜としてロブレンは少々小粒ではないか。この移籍話が報じられてからというもの、SNS上ではそんなファンの声が散見される。それは無理もないことだろう。なにしろロブレンは現在リヴァプールにおいて、CBの4番手甘んじている選手だ。

しかし、元イングランド代表FWのケビン・フィリップス氏はロブレンがトッテナムで輝けると信じている様子だ。クロアチア代表DFの経験がスパーズに好影響をもたらすはずと、同氏は英『Football Insider』へ次のように語っている。

「ロブレンはサウサンプトンとリヴァプールで優れた選手だった。だけど、現在は自身が望んでいるほど多くの出場機会を得られてはいないね。そろそろ次のステップを踏む時期だと考えているかもしれない。そこでトッテナムだ。彼らは守備に弱点を抱えており、ここはモウリーニョが最も気にしているポイント。プレミアでトップレベルを経験しているロブレンは良い補強になると思うよ。彼は大きなプレッシャーがかかった試合も経験しているしね。アーセナルで言うダビド・ルイスのような選手になれると私は思うんだ。トッテナムはロブレンに救いの手を差し伸べるべきじゃないかな。本当に良いサインになると思うよ」

時折危うい面を見せるも、アーセナルの最終ラインで奮闘するD・ルイス。トッテナムでロブレンもそのような存在になれるとフィリップスは主張している。たしかにキャラクターは少し似ているか。トッテナムファンとしてはアーセナルの選手を例えに出してほしくはなかったかもしれないが……。

とはいえ、フィリップス氏はロブレンの補強をポジティブに勧めているのは伝わったはず。はたして、この30歳は来季トッテナムでプレイすることとなるか。すでにアーセナルやラツィオ、ミラン、古巣リヨンも獲得を目指して動き始めているといわれる同選手。獲得に乗り出すなら早いに越したことはない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、ついにプレミア制覇に手をかけたリヴァプール! レッズを徹底解剖します。人気お笑い芸人・ぺこぱシュウペイの新連載もスタート!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ