セリエAで1番走る“中盤の支配者” ワールドクラス守備的MFにもっと称賛を

インテルのブロゾビッチ photo/Getty Images

ここ2年ほどで急激に評価高める

中盤の底からシンプルかつ効果的にボールを散らし、世界トップクラスの運動量を誇る守備的MF。

そんな理想的な存在を抱えているのが、インテルだ。伊『Corriere dello Sport』によると、今季ブロゾビッチはセリエAにて1試合平均12.5kmもの走行距離を記録しており、これはリーグNo.1の数字になっているという。

今季好調を維持するインテルではFWラウタロ・マルティネス、ロメル・ルカクが話題の中心になることが多い。この2トップも見事な働きを続けてきたが、ブロゾビッチの健闘も忘れてはならない。地味に映るかもしれないが、アントニオ・コンテのチームに欠かせぬ人材なのだ。

今やすっかり中盤の底で固定されているが、同メディアは2017-18シーズンがブロゾビッチにとってのターニングポイントになったと分析している。当時チームを指揮していたルチアーノ・スパレッティの下で徐々に守備的MFとしての地位を確立することになったのだ。

以前は攻撃的な位置でプレイすることも多かったが、今は守備的MFとして固定されている。同メディアもスパレッティ、コンテと指揮官が代わってもブロゾビッチを中心にゲームが展開される流れは変わっていないと指摘する。

チェルシーのエンゴロ・カンテ、レアル・マドリードのカゼミロ、バルセロナのセルヒオ・ブスケッツらに比べると話題に上がる機会はあまり多くない。しかし、ブロゾビッチもワールドクラスの守備的MFであり、その貢献度はもっと称賛されるべきだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ