来季以降のユーヴェにイグアインのイスはあるのか 

4月に会談の実施予定

ユヴェントスに所属する元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが、自身の将来などについてクラブと話し合いを行うようだ。

昨夏にユヴェントスの戦力外と報じられ、移籍の噂が絶えなかった現在32歳のイグアイン。ローマ行きなどが噂されていたが、移籍が実現することはなく、最終的にユヴェントスに残留することとなった。すると、プレシーズンに恩師マウリツィオ・サッリの信頼を勝ち取り、開幕スタメンとゲット。その後もコンスタントに出場機会を得て、ここまで公式戦33試合に出場して8ゴール8アシストを記録している。

しかし、ここ最近はクリスティアーノ・ロナウドとパウロ・ディバラが好調な一方で、イグアインは思うような結果を残すことができず(直近10試合でわずか1ゴール)。こういった状況もあってか、ベンチを温める機会も徐々に増えてきた。そのため、2021年6月まで契約が残っているものの、イグアインの去就の噂がちらほら聞こえてくる。

そんな中、伊『calciomercato.com』によると、イグアインの関係者とユヴェントス首脳陣の会談が4月に予定されているとのこと。将来の計画に関して、両者は常にコミュニケーションをとってきたようだが、この会談では契約延長のほかに、イグアインのチームでの立場や重要性などについて議論がなされるという。はたして、来季以降のユヴェントスにイグアインのイスは用意されているのか。もし主力として残留を望むのであるならば、今季の残りの試合でしっかりとアピールしたいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ