マンCが誇る“スーパー2番手”FW アグエロとは異なる走り屋アタッカーの魅力

マンCのジェズス photo/Getty Images

チームのために走れる

26日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでレアル・マドリードと対戦したマンチェスター・シティは、エースのFWセルヒオ・アグエロがベンチスタートとなっていた。

代わりに先発を任されたのは、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス。10日間レアルのサッカーを研究したという指揮官ジョゼップ・グアルディオラは少々意外な11人をピッチへ送り出したのだ。

この策は当たった。ジェズスは同点弾&セルヒオ・ラモスを退場に追い込む大仕事を果たしたが、それだけではない。ジェズスはアグエロが持っていない運動量を存分に披露したのだ。

チームがピンチと感じれば自陣まで下がって相手を追いかけ、攻撃に転じれば再びスプリントを仕掛ける。このプレイエリアの広さはアグエロにない武器と言えよう。

英『Manchester Evening News』によると、ジェズスもチームを助けるために走るのは大歓迎とのスタンスだ。センターフォワードだけでなく、ウイングの位置でプレイすることも苦にしていない。

「パルメイラスのアカデミーから上がってきた時、僕はウイングのようにプレイしていたからね。そこからストライカーでプレイし始めたんだ。僕はチームメイトを助けるためピッチへ向かう。だから自陣へ戻ったり、得点を奪うために前線へ走ることは問題じゃない。僕はチームメイトを助けないといけない」

得点力ではアグエロの方が評価されてきたが、ジェズスもハイレベルなストライカーなのは間違いない。アグエロとはタイプが異なる2番手FWジェズスを抱えているのは大きなプラスと言えよう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ