“最強プレイヤー”の条件は エジル2世が心に刻むシャビ・エルナンデスの言葉

レヴァークーゼンのハフェルツ photo/Getty Images

身体能力よりも大切なのは……

現代では身体能力の高い選手が増え、異様なスピードでピッチを疾走する者や190cm近いサイズを誇りながらスピードまで備えている選手も珍しいものではなくなってきた。

しかし、最高の選手とは身体能力ではなく「頭脳」で勝負する選手なのかもしれない。そう主張するのは、レヴァークーゼンで躍動する20歳のMFカイ・ハフェルツだ。

ハフェルツはドイツ代表の選手ということもあり、メスト・エジルやミヒャエル・バラックらと比較される存在だ。優雅な左足に加え、189cmとサイズもある。それでも、判断力こそがハフェルツにとって最も重要な武器なのだろう。

米『ESPN』によると、ハフェルツは元バルセロナMFシャビ・エルナンデスの言葉を信じている。シャビは小柄な選手だが、抜群の判断スピードとイメージを実現するだけの高度なテクニックを備えていた。シャビのような選手こそハフェルツが参考とするモデルのようだ。

「シャビはフットボールとは頭でするものだと言っている。僕も、インテリジェントな選手こそ最高のプレイヤーだと思う」

ハフェルツが20歳の若さでブンデスリーガ出場100試合以上を達成できているのも、ずば抜けた判断力があるからなのかもしれない。スピードやサイズは目立つが、フットボールで最も重要なのは判断力の部分か。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ