“サレントのメッシ”!? セリエA17位のクラブで魅せる天才肌のレフティーFW

レッチェのファルコ photo/Getty Images

1部での経験は豊富ではないが……

今季セリエAで17位と苦戦を強いられているレッチェに天才肌のチャンスメイカーがいるのをご存知だろうか。

28歳のFWフィリッポ・ファルコだ。レッチェは今季からセリエAに昇格してきたクラブであり、開幕当初より残留を目標としてきた。17位という順位が示すように苦しい戦いを強いられることも多いのだが、その中でファルコは輝きを放ってきた。

伊『Corriere dello Sport』が過去にサレント半島のリオネル・メッシと呼んでいたそうだが、ファルコもレフティーアタッカーだ。今季はリーグ戦で3得点3アシストを記録し、1試合平均のドリブル成功数は2.6回とここまでリーグ5位、シュートに繋がるキーパス数も全体14位となる1試合平均2本を記録している(『WhoScored』)

ファルコはこれまでチェゼーナやベネヴェント、ペルージャなどキャリアの多くをセリエBで過ごしてきたこともあり、28歳ながら知名度はあまり高くない。今季セリエAで時折ファルコが見せる技に驚いたサッカーファンもいるだろう。

伊『Tuttomercato』によると、そんな少し遅咲きのファルコはレッチェで大きく成長できたと語る。バルセロナでプレイする夢もあるようで、まだまだ成長を続けていく考えだ。

「僕は大いに成長した。このレベルに到達できると信じ、ハードワークしてきたんだ。楽しみ続けたいし、ゴールやアシストも決めたい。子供の頃はユヴェントスが好きだったけど、バルセロナでプレイするのが夢だね」

まずはレッチェでセリエA残留を決めるのが直近の目標となり、ファルコとしても下のカテゴリーでプレイするのは避けたいだろう。イタリアのメッシとの評価を確立するためにも、残留を勝ち取る勝負の終盤戦で結果を残したい。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.248 Season Review2019/20 欧州は今季も前進!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ