ソン・フンミンがチェルシーへ警告!? トッテナム、トップ4が射程圏内

マンC撃破に貢献したソン・フンミン photo/Getty Images

4位チェルシーとの勝ち点差は「4」に

今季前半戦で苦戦を強いられ、昨年監督交代まで行ったトッテナムだが、ついにトップ4が射程圏内に入った。今季も同クラブを支える韓国代表FWソン・フンミンが、今後の意気込みなどを明かしている。

2日に行われたプレミアリーグ第25節で、2位マンチェスター・シティをホームへ迎え入れたトッテナム。前半をスコアレスで折り返したが、後半に2点を奪い、2-0で強敵との重要な一戦を制した。この結果、2連勝を飾ったトッテナムは勝ち点を「37」まで伸ばし、4位チェルシーと勝ち点差「4」の5位まで順位を押し上げている。マウリシオ・ポチェッティーノからジョゼ・モウリーニョへ指揮官が代わった際には「11」もあった勝ち点差を、2ヶ月ちょっとでここまで縮めて見せたのだ。

マンC戦で2点目のゴールを決め、チームに貴重な白星をもたらしたソン・フンミンはインタビューで「今はまだ、10試合以上も残されている。戦わなければならない試合がたくさんあるけど、シーズンの終わりに何が起こるかはいずれわかるよ。僕らはただただ集中して、できるだけ多くのポイントを獲得しようとしている」と述べている。英紙『Mirror』が伝えた。

そして「順位表を見れば、それ(トップ4)が近づいていることがわかる。困難なのはわかっているけど、チームとしてどこにいるべきかも理解しているよ。僕らは時に自分自身を失望させてきたし、正しい結果を得られなかったこともわかっている。1つ1つの試合をモノにしていかなければならないし、改善もし続けなければならない。そうしてうまくいけば、最終的にそこ(トップ4)にたどり着けると思う」と明かしており、同メディアは「スパーズがトップ4争いでチェルシーを追い詰めるための準備ができていると、ソン・フンミンが警告した」と取り上げた。

今月22日にはチェルシーとの直接対決も控えている。トッテナムはこの勢いで、来季のCL出場権を獲得することができるのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ