“Newフェライニ”の登場 モイーズの下にやってきた192cmの大型MF

ウェストハムのソーチェク(奥) photo/Getty Images

やはりサイズのある選手が好みか

現在ウェストハムを指揮するデイビッド・モイーズといえば、ベルギーの大型MFマルアン・フェライニと仕事をしてきた印象が強い。

エヴァートン、さらにはマンチェスター・ユナイテッドでも2人は一緒に仕事をすることになり、190cmを超えるフェライニはモイーズ流フットボールに欠かせない存在だった。

その考えは今も変わっていないのか、ウェストハムは今冬にチェコのスラヴィア・プラハから24歳の大型MFトマーシュ・ソーチェクをレンタルで獲得している。スラヴィア・プラハで100試合以上に出場してきたソーチェクも、192cmのサイズを誇っているのだ。

モイーズはソーチェクをさっそく今節のブライトン戦から先発出場させており、やはりこうした大型MFが好みなのかもしれない。最前線にはこれまた190cmのサイズを誇る大型FWセバスティアン・ハラーが構え、徐々にチームの大型化が加速しているような気配もある。

英『HITC』によると、ウェストハムのサポーターからもソーチェクをNewフェライニと評する意見が増えているという。

「モイーズはソーチェクをエヴァートンでのフェライニのように使いたいのだと思う」

「ソーチェクはモイーズにとってのNewフェライニであり、良いデビューだった」

「ソーチェクは本当に良かった」

試合は3-3のドローとなったが、ソーチェクへの評価は上々だ。ウェストハムは現在18位と苦しい位置にいるが、大型プレイヤーたちの力でこの苦境を乗り越えられるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ