マンU、トッテナムよりトップ4に近い? サプライズ軍団が挑む2月の大勝負

快進撃続けるウルブズ photo/Getty Images

安定感では他クラブに負けていない

もはやダークホースとの言葉で済ませていいものなのか。今季プレミアリーグで快進撃を続けているのがウォルバーハンプトンだ。

現在はリヴァプールが首位を独走し、もはや優勝争いには決着がついたように見える。その一方で予測不能の大混戦となる可能性があるのがトップ4争いだ。

今はチェルシーが勝ち点40で4位に入っているが、万全のパフォーマンスを見せているわけではない。格下相手に勝ち点を取りこぼすこともあり、今後もどこかのタイミングで躓くだろう。

勝ち点34で5位のマンチェスター・ユナイテッド、6位のトッテナム、そして同じく勝ち点34で7位のウォルバーハンプトンには、十分トップ4入りの可能性が残されていると言えよう。

中でも英『90min』はウルブズをプッシュしており、「ユナイテッドもチェルシーもトッテナムも忘れろ。ウルブズが本物のトップ4候補」と取り上げている。

今季のウルブズはマンチェスター・シティにも2度勝利し、先日もリヴァプールをギリギリのところまで苦しめた。安定感ではマンUにもトッテナムにも負けていないはず。

2月に入ると1日にマンU、14日にレスター・シティ、3月1日にトッテナムと、トップ4を争うチームとの直接対決も予定されている。ウルブズにとってはヨーロッパリーグを含め勝負の1か月となり、ここでトップ4争いは大きく荒れるかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ