アジアの“キング”はどちらだ 久保建英VSイ・ガンインのバトルに現地も注目

マジョルカの久保 photo/Getty Images

マジョルカとバレンシアの直接対決

近い将来にアジアサッカー界の主役になるであろう逸材がリーガ・エスパニョーラの舞台で激突する時代になった。

スペイン『El Desmarque』が「東アジアの王座を巡る戦い」と注目したのは、マジョルカでプレイする日本代表MF久保建英VSバレンシアの韓国代表MFイ・ガンインだ。

昨年のU-20ワールドカップで大会MVPにも輝いたイ・ガンインは、2019年1月にはバレンシアの一員としてリーガでデビューを果たしている韓国のNEXTスター候補生だ。

昨夏には久保がレアル・マドリードと契約し、マジョルカにレンタル移籍。これでアジアを代表する強豪国のNEXTスターがスペインの地で直接対決するチャンスが生まれたのだ。

そして19日、マジョルカはホームにバレンシアを迎える。昨年9月にも両チームは対決しているが、その時は2人とも途中出場だった。久保は79分から、イ・ガンインは84分からの出場となり、互いに存在感は薄かった。

しかし久保は今やマジョルカで主力となっており、この数ヶ月で状況は大きく変わった。イ・ガンインの方は負傷離脱していたが、マジョルカ戦には間に合うと見られている。

2人の18歳の争いにスペインまで注目しているが、アジアのNEXTスター候補2人は輝きを放つことができるのか。2人ともリーガでプレイするだけのポテンシャルを備えており、今後もリーガでのライバル関係が長く続いていくことになるかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.255 アトレティコの現在地

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ