SBコンバートは“ロッベンの後継者”として遠回りか バイエルン19歳の考えは

左サイドバックとしてバイエルンに欠かせない戦力となっているデイビス photo/Getty Images

「それは違う」

今季ドイツでアタッカーからサイドバックにコンバートし暴れている19歳がいる。バイエルン・ミュンヘンに所属するアルフォンソ・デイビスだ。

もともとウイングの選手として今年1月にバイエルンにやってきたデイビスは、ニクラス・ズーレやリュカ・エルナンデスなど最終ラインの主力に負傷者が続出したチーム状況もあり、今季途中からサイドバックにコンバート。バイエルンの左サイドを支える重要な存在となっている。

加入当初は持ち味であるスピードから、長きにわたって同クラブで活躍したアリエン・ロッベン氏の後継者ともみなされていたデイビス。そういった事情も考えると、いくら活躍できているからといって左サイドバックでの試合出場は決して手放しで喜べる状況でもないか。しかし、この19歳はどこまでも前向きだ。カナダ『Edmonton Sun』のインタビューに登場したデイビスは「現状、左サイドバックを務めていることはアタッカーとしてのキャリアに後々響いてくるのではないか」との問いに対して次のように回答している。

「それは違うね。昔は攻撃のことばかりを考えていたけれど、今僕の頭の中はディフェンスのことで一杯なんだ。僕は今、DFとしてプレイしている。そして、うまくいけばいつかクラブが僕のことを最高の選手にしてくれると信じているよ。だから、監督が僕にどんなポジションを用意したとしても今はハッピーなんだ」

デイビスは監督の起用法に全幅の信頼を寄せている。左サイドバックでの経験は、いずれアタッカーに復帰した際にも絶対にどこかで役に立つ。そんな確信もあるようだ。

バイエルンに出現した新世代のスピードスター。はたしてデイビスは今後のキャリアにおいて、どのポジションで名を挙げることとなるのだろうか。欧州でのキャリアを形成し始めた19歳からはこれからも目が離せない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ